自宅の庭の規模で草刈り方法を選ぶ【夏の雑草対策】

規模に合わせて選ぼう【一番最適な草刈り方法はコレ】

草刈り作業を行なう規模に応じて、使用する道具や方法が違ってきます。庭の規模に最適な方法を選ぶことが重要です。

最適な草刈り方法をチョイスしよう

広めの庭の雑草処理
個人住宅でも、ある程度の広さがある庭では、手作業による草むしりは重労働で作業効率も良くありません。そのため、短時間で庭全体の雑草処理をするためには、草刈り機を使用すると良いでしょう。草刈り機を使用することで、個人住宅の庭程度なら男性1人でも作業することができます。しかし、草刈り機を所有してない方や使用した経験がない方は、不慣れな草刈り作業で怪我をしてしまう可能性があるので、草刈り作業に不安がある方は雑草処理を業者に依頼することも検討してみましょう。
コンパクトな庭の雑草処理
コンパクトな庭で、雑草が少ない場合又は、雑草が10cm未満の場合は、手で雑草を引き抜く草むしりが可能です。雑草だけを的確に引き抜くことができるので、栽培している植物を間違えて引き抜いてしまう心配もありません。また、草刈り機や高所作業車を使用せずに作業を行なうので、怪我をしてしまうリスクを軽減できます。手作業による草むしりは、とても安全な雑草処理なので、個人住宅の庭やガーデニングをしている人が最も多く行なっている処理方法です。

森林の伐採は環境破壊?私有林所有者の義務

森林の伐採という言葉のイメージ


森林伐採についてどのようなイメージを持たれていますか?
地球や生き物にとって、森林はとても重要な役割を持っていると思います。光合成することによって、二酸化酸素を吸収して、酸素を排出しているので、森林が多いと常に新鮮な空気になると思います。
ですが、人間の都合だけで、森林伐採をしてしまうと、二酸化酸素を吸収できなくなり、やがては地球環境の破壊につながると聞きました。ですから、割り箸を作るために森林伐採をすることは反対です。環境破壊を防ぐために、森林伐採はしない方がいいと思います。

森の伐採イコール環境破壊ではない

森林伐採は、全てが環境破壊を促進しているわけではありません。森林は放置していると、木が生えすぎてしまいます。沢山の木が生えていると、日光が十分に行き渡らずに、森林の健康状態の悪化を招く危険性もあるのです。そのため、私有林を所有している方は、森林の健康を保つために、適度な伐採を行なってください。また、大きくなった木よりも若い木の方が、大量の二酸化酸素を吸収してくれるので、大きくなった木を伐採することで、森林全体の二酸化酸素の吸収量を増やすことができるのです。

間伐は森の機能をアップさせるために必要

森林のためにも、地球環境のためにも重要な間伐は、どのような流れで行なっているのか見てみましょう。

植林

植栽の行なう時期としては、春や秋などの暑くない季節に行なうのが一般的です。植裁を行なうときには、職人が山の斜面に手作業で苗木を植えていきます。杉を植栽する場合は、1haあたり3,000本程度植えるのが一般的です。

木々の成長

植栽後10年以上経つと、4m以上に成長します。枝は大きくなり、隣の木の枝と重なってしまうので、枝打ちをする必要があります。枝打ちをすることで、害虫の侵入を防ぎ、将来的に高品質の木材になります。

間伐

植栽後に大きく生長した木々は、過密状態になるので、間伐作業が必要になります。間伐作業を行なうことで、木々の本数を減らし、森林全体の機能をアップさせることができます。私有林でも間伐をすることで、木々が生き生きとし、健康的な森林になります。

TOPボタン